春障子 古書に購入 年月日

誰が買ったものか。岩波文庫のもう
色の変わった文庫本。遠いむかし、
話題になった本を、安くなってから
買ったのだろうか。この本で、わた
しは人生を見たような気がした。一
番の愛読書になった。古い押入れを
掃除しなかったら出会わなかった本
「雁の寺」。それから「飢餓海峡」
を読み、映画を見て、すっかり水上
勉のファンになった。ありがたいこ
と。人間の出会いと似てる気がする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください