春陽(はるひ)浴び 天神さまの 牛温し(ぬくし)

太宰府天満宮の飛梅はもう
終わりがけ。日差しは春な
がら、まだ風は冷たくじっ
と立っているのは辛いくら
いです。道真公の亡き骸を
引いてきたという牛の銅像
は日を浴びて温かい。参拝
客で境内は大賑わいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください