春朧(おぼろ) 催事の牛車の 後を行く

春の色
春の色 / Konstantin Leonov

牛車が行く。お三味が行く。太鼓が響く。
春のおぼろの宮詣り。桜は吹雪となり、
草は萌え、むかしは田の中であったろう
道は、住宅街の中をいく。家々の庭先に
は、こぶしが咲き、金木犀は新しい芽を
ふき、アカシアは黄色の小さな花をつけ
ている。今年も変わらぬ春が来た。変わ
ったのは自分の事情だけか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください