春暮れて 若芽柳や 白秋碑

どんこ舟の川くだりが、気持ちのいい季節になった。柳もネコ柳も若い芽ばかりでまだ緑の乏しい早春ではあるが、舟に揺られて、川面をゆくのは、しばし日常を忘れる。水の豊かな水郷は、お堀端だけではなく、街のそこここにゆたゆたと水をたたえた堀がある。昔に比べればずいぶんと減っただろうが、いまでもとても風情のあるものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください