春暑し 喪服の衿の 汗ばんで

夏ならば夏の喪服だけれど、春は冬と同じ。朝夕は寒いけれど、昼間の暑さはもう初夏のよう。黒い喪服の衿がじっとり汗ばむ。弔いの席だというのに、そんなことを思う。人間なんてそんなもの。いつもいつも誠心誠意でなんていられない。疲れている…と思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください