春暁に 始発列車の 過ぎる音

まだ春暁には少し早いかもしれない時間、そろそろ地球が目を覚ます。
そろそろ木々が芽を吹く準備。
鳥たちが、さえずり出す。
そろそろ一日が始まる。
やがて新聞が届く。
生活が動き出す。
ようやく聞こえるところに、線路と、お寺があり、早く目が覚めた朝には、鐘の音と、列車の
音を聞く。
一日の始まる前の、人間の準備をする時間。
よかったらクリックください。励みになります。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください