春愁う 身の丈ほどに しあわせに

お姫さまストーリーなどとは考えたこともないけど、小さな小さなしあわせを積み上げて暮らしていきたい。それすらなかなかむずかしいのは知ってる。わたしは職場で、下劣と言われた。治らないとまで。一回電話番号聞くの忘れたら、人の仕事はどうでもいいと思っていると言われた。言った人はとっくに忘れている。私は忘れない。ケータイの待ち受けに貼り付けているから、毎日見ている。あーまったく変な疲れ方する。分厚いファイルを机に何回も何回もガンガン叩きつける。理由は、ファイルが順番に並んでなかったから。具合が悪くなりそう。給料のために働いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください