春出水(でみず) 甘くみるなと 音を立て

もう春だと心も浮かれた頃、雪解けの
山から大水。川辺の石垣を飲み込み、
中洲の樹々をなぎ倒し、橋脚には折れ
た枝や何ともしれないゴミの山。どう
だ見ておれの心意気か。ひと暴れすれ
ば春。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください