春の潮 白波蹴立て 迫り来る

春の有明海、干満の差が激しく、また絶好の
潮干狩り日和。
船が沖に出ると、見る見るうちに潮が引く。
一面の砂地。
恐ろしいのは満ちるとき。
遠い地平線から、白波がひたひたと、
さらにひたひたと、押し寄せてくるのです。
あっという間に船は、大海原に浮かんでいるのです。
もし乗り遅れたら、と思ってしまうのです。
景色もあさりもすばらしいのに、それどころじゃ
なくなるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください