日 脚 伸 ぶ 土 葬 も あ り て 墓 終 ひ

ひあしのぶ どそうもありて はかじまい

何世代もが当然のように繰り返して来た日々の暮らし。

ずっと続くものと、誰もが信じて疑いもしなかった。

生活が変わり、子どもらはあとを継がず、都会の学校に

行きたがり、そのまま仕事について、そうなるとそこで

結婚もし、生活の基盤は、当たり前に都会となります。

そのまた子どもは、もう今いるところが故郷になっていき

ついにというか墓終いをすることになったのだそうです。

「墓じまい」と言うのは簡単だけれど、実際掘り返した人

が言うには、「墓が動く」と言うのです。

土葬の時代のものもあって、骨のたぐいはいっさい残って

おらず、水がたまっているだけだったそうです。

ただ髪の毛だけは残っていて、まさかそんなこと思っても

いないものだから、ガサっと掴んでしまって、死ぬほど後悔

したそうです。

真っ黒い髪だったとか。

しばらくご飯が通らなかったと聞きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください