日 短 か や 胃 瘻 は せ ぬ と 決 め た る も

ひみじかや いろうはせぬと きめたるも

冬の一日があっという間に暮れてしまうのは、なんとももったいない。

冬は夜の長い季節です。

なのになぜ、夜長と言わず短日と言うのでしょう。

ひところは、食べられなくなれば、当然のように胃ろうにしていた病院が、最近では変わりました。

呼吸だけして意識もない状態で、ただ生かされていても、それは本人の望むところではないと、点滴のみで、人生の終焉を迎えるようになってきたのは時代でしょうか。

医療費がかかるからでしょうか。

若いころの本人の意思でもあり、決めたはいいけれど、どこか後ろめたいというか、うら悲しいというか、これが最善だよと本人が言ってくれればいいのだけれど。

この句も読まれています。

春暮れて 若芽柳や 白秋碑 どんこ舟の川くだりが、気持ちのいい季節になった。柳もネコ柳も若い芽ばかりでまだ緑の乏しい早春ではあるが、舟に揺られて、川面をゆくのは、しばし日常を忘れる。水の豊かな水郷は、お堀端だけではなく、街のそこここにゆたゆたと水をたたえた堀がある。昔に比べればずいぶんと減っただろうが、いまでもとても風情のある...
船 の 行 く 関 門 の 霞 ( かすみ ) 晴 れ る ま で... 関門海峡 / so-oh 海というのは、見飽きることがない。 和布刈公園から、関門海峡を眺める。 霞がかかって、遠くははっきりしないけれど、海面がキラキラキリコ細工のように輝き、遠くを大小の船が行き交うのが見える。 遠出をする習慣のないわたしは、ここまで来ても、遠くに来たなと思う。 門司港は、観光...
本 当 を 言 は ぬ 嘘 つ き 吾 亦 紅 ほんとうを いわぬうそつき われもこう ウソをつく人間だけがウソつきではない。 本当のことを知っていて、知らぬふりして教えないのも、おんなじウソつき。 まだ幼い頃、身にしみて習得したこと。 オトナは子どもをなめている。 なめ過ぎている。...
木 菟 の 鳴 く 星 の 隠 れ し 真 夜 な れ ば... ずくのなく ほしのかくれし まよなれば 木葉ズク、フクロウの仲間らしくて、夜行性、肉食。 正面に顔があって、見ようによっては人間みたいです。 昼間は身動きひとつせず、眼は瞑ったり開いたり。 寝ているわけでもなさそうです。 月も星も見えない漆黒の闇には、ふた声三声鳴いて、野ネズミやノラのネコ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください