日 短 か や 胃 瘻 は せ ぬ と 決 め た る も

ひみじかや いろうはせぬと きめたるも

冬の一日があっという間に暮れてしまうのは、なんとももったいない。

冬は夜の長い季節です。

なのになぜ、夜長と言わず短日と言うのでしょう。

ひところは、食べられなくなれば、当然のように胃ろうにしていた病院が、最近では変わりました。

呼吸だけして意識もない状態で、ただ生かされていても、それは本人の望むところではないと、点滴のみで、人生の終焉を迎えるようになってきたのは時代でしょうか。

医療費がかかるからでしょうか。

若いころの本人の意思でもあり、決めたはいいけれど、どこか後ろめたいというか、うら悲しいというか、これが最善だよと本人が言ってくれればいいのだけれど。

この句も読まれています。

筍 と 糠 抱 へ 来 し 「に 」と 笑 ふ たけのこと ぬかかかえこし にとわらう 幼なじみがいます。 近いせいで、めったに会わないのですが、知り合いの山でタケノコを取ったとかで、帰りに寄ってくれました。 準備のいいことに、湯がくときに使う米ヌカまで持ってきてくれました。 気がきくこと。 玄関開けたら、なにも言わず、二ッと笑顔。 ...
古 家 の 坪 庭 抜 け り 青 嵐 ふるいえの つぼにわぬけり あおあらし 坪庭なんてもったいない、部屋か廊下か納戸にでもしたらいいのにと思っていたけれど、先日「古家付き」という不動産広告につられて見に行きました。 もともと家を見るのは好きで、新聞のマンションの広告も、買いもしないのに、間取りを見ます。 四畳半くらいの庭は、思ったよ...
集めないほうがいい 泳げ鯉のぼり相模川/相模原 / Tranpan23 物はひとつところに、ひとつがいい。豊後の国の童話の里を流れる大きな川に、今頃になると毎年、たくさんの鯉のぼりが川を渡したロープに括られはためく、ならいいけれどはためかない。大量にぶら下がっている。全国から集まったのだろう。かつては一軒一軒の家で、男...
向日葵の 見守る 炎天外仕事 とにかく暑い。しごとなら、熱中症がなどと言ってもいられない。 生きるために、其処此処で頑張るしかない。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください