日 短 か や 胃 瘻 は せ ぬ と 決 め た る も

ひみじかや いろうはせぬと きめたるも

冬の一日があっという間に暮れてしまうのは、なんとももったいない。

冬は夜の長い季節です。

なのになぜ、夜長と言わず短日と言うのでしょう。

ひところは、食べられなくなれば、当然のように胃ろうにしていた病院が、最近では変わりました。

呼吸だけして意識もない状態で、ただ生かされていても、それは本人の望むところではないと、点滴のみで、人生の終焉を迎えるようになってきたのは時代でしょうか。

医療費がかかるからでしょうか。

若いころの本人の意思でもあり、決めたはいいけれど、どこか後ろめたいというか、うら悲しいというか、これが最善だよと本人が言ってくれればいいのだけれど。

この句も読まれています。

彦 星 や 今 宵 は 仕 事 と 言 ひ お い て... ひこぼしや こよいはしごとと いいおいて 一年に一回の逢瀬が、何年も続くなんて、人の世では、一部の変わった人を除いてあり得ないと思うのです。 一年は長い。 年もとる。 よそ見もする。...
冴 返 る 雑 音 多 し ム ン ク の 手 さえかえる ざつおんおおし むんくのて じつはムンクは叫んではいなかったと近年言われています。 母親や姉を早くに亡くし、大きな不安を抱えた人生を表しているというのが、一般の見解とか。 耳をふさぐ、あの両手。 ムンクの不安には遠く及ばないものの、生きていく上で頼みもしない忠告やアドバイスの多い...
南 天 の 花 に は 邪 気 の 見 え る そ な... なんてんの はなにはじゃきの みえるそな 南天。 庭木として、むかしから好まれるのは、名前が「難を転ずる」に通じるからだと言われます。 むかしは、どの家も鬼門に植えたそうです。 赤い実がなるのは知っています。 正月頃です。 ただ、花が咲くのは、六月七月頃です。 円すい状に、白い小さな花が咲き、赤...
新築の マンション春の 空取られ 少し離れた、道路を挟んだところに、新しいマンションができた。 今まで部屋から見えていた、空が、5分の4くらいに 減った。駐車場になるはずだったのに。 布団に寝ると、右も左もマンションになった。 隣のばあちゃんのとこに、救急車が来たとき、 マンションのベランダにびっしり人が出てきて、 花火大会のときと...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください