日記書く 底冷えのする 冬の夜は

わたしは毎日ではないのですが、日記を書きます。
三年日記です。とてもうれしいことがあった日や(一年に一遍もないけど)
苦しい日には書けませんが、何日かたって少し元気になったかなという日には
書くようにしています。
人間って不思議なもので、三年前のことなんて、すべてと言っていいくらい
きれいに忘れているものです。
ああそうだった。なんとかやってきたんだと、自分に言ってやりたいことも
あります。
わたしは失言が多いので、その関係の失敗も多いのです。
馬鹿です。
職場でも上の方からは疎まれているのが、自分でしっかりわかります。
もう二度としゃべらないようにするぞと、一年に何回も決意します。
来年こそは、風にそよぐ葦のように、ひらひらとあっちにもつかず、こっちにもつかず…
あっちにもつかず、こっちにもつかずなら、まだましなのです。
あっちにもつき、こっちにもつきが世の中五萬といるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください