日記とは 苦しきときのみ 書きおりて

毎日日記を付けるのは苦手。どうしようもない不安を抱えたときだけ、書く。それもあまりに大きいときは、書けない、そんな余裕はない。それで三年日記も空白だらけ。捨てようかと読み返してみるが、途中でやめた。そのときの苦しい気持ちがよみがえって、やめた。捨てることもできず、引き出しの奥にしまった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください