新 暦 連 休 さ が す 癖 抜 け ず

しんごよみ れんきゅうさがす くせぬけず

来年のカレンダー。

まずは、祝日が土曜日になっていないかを、丹念に見ます。

一日損するからです。

次は、連休がどんなふうになっているか。

最後に、ゴールデンウィークと年末年始がうまくいってるか。

もう仕事してないのに、抜けないクセです。

この句も読まれています。

打 た せ 湯 や 肩 も 腰 も と 春 隣 うたせゆや かたもこしもと はるとなり せっかくの温泉。 せっかくの打たせ湯だからと、アタマ、肩、コシもと欲張りが多いこと。 寝正月の後遺症か、ふしぶしが固まっているようです。 打たせ湯の音が大きいので、それを上まわる大きな声で話すことになります。 結局、嬌声もあり、大きな声のおしゃべりも...
紫 陽 花 の 去 年 ( こぞ ) よ り 深 き 色 出 ( いで ) て... 紫陽花 / pika1935 特に肥料をやったわけでもないけれど、色の薄い額紫陽花、なんの変哲もない、平凡すぎる花だった。 隣に深い紫の丸い紫陽花を植えたした。 そちらは、今年の花は望めないよう。 わたしは、紫陽花が好きで、毎年挿し木を試みているが、素人で、知識がないため、ほんのニ、三例を除いて、...
竹 の 秋 一 脈 の 風 逃 す ま じ たけのあき いちみゃくのかぜ のがすまじ 春は竹にとっては秋にあたるといいます。 筍がアタマを出す頃、激しく葉が落ちるのです。 孟宗竹の林は昼間も影が多く、下では吹いてない風を捉えます。 竹の擦れ合う音は涼しげで、下で憩う者を和ませます。...
放 蕩 の 血 は 受 け 継 ぎ て 霜 柱 ほうとうの ちはうけつぎて しもばしら 遺伝とは恐ろしいもので、なんということもない仕草や姿勢、時間の過ごし方、性格。 特に似てほしくはないところがそっくりという話はよく聞くことです。 遊び方も、そのタチの悪さもそう。 浪費癖、収集癖、オンナ癖、バクチののめり込みようまで。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください