新酒(しんざけ)の 樽の青さの 味もして

新酒会、底冷えの朝も、この日ばかりは気にならず。
五種類も呑まないうちに、味は混ざってしまう。
地鶏のご飯を食べながら、酒蔵の煙突を見上げる。
筑後川の水、豊穣の土地に育った米で造られた酒。
いまここにいる幸せ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください