散 り な が ら 咲 き て 山 茶 花 も 寂 し

ちりながら さきてさざんか もさみし

山茶花は気楽で気安い花です。

ツバキと色は同じでも、趣きといった面ではかなり見劣りするようです。

花びらも薄くて、緻密さに欠けるというか、ちょっと雑というかそんな感じ。

そのせいで、散り敷いたようすも褒められます。

散って残念がられる花ではありません。

この句も読まれています。

牛膝(いのこずち) 付かねば通さぬ 神社裏... この細い道、昔からあった。 狭くて、牛膝の洗礼を受けなければ通れない。遠いむかしの子どもの城。 今は、とんと使われることはない。...
少年メリケンサック 久しぶりです。 たぶん「カグタバ」以来の おもしろくない映画です。 若いころ、パンクロックでならした仲間が 人生の紆余曲折を経て、それぞれの道を歩いていたのが、 宮崎あおい扮する、プロデユース会社の契約社員の目にとまり、 苦難の末、成功するって話だったと思います。 佐藤浩市が、「マジックアワー」では...
母の日に 花も贈れず 重すぎて わたしには五歳のとき別れた母がいる。いま遠い地で病気療養中である。多系統萎縮症。神経の病気で、だんだん動けなくなり、しゃべれなくなっている。去年の母の日には花を贈った。電話で少しだけ話すことができた。あれから一年。音沙汰なし。恐ろしくて連絡できないでいる。トイレにいけなくて、オムツになったとは聞いた...
稲光 街にしびれが 走り出る わたしは、夕立や雷が好きです。 雨が勢いよく降りこむので、走り回って窓を閉めます。 街路樹や人がわざわざ水をやらない木や草が喜ぶと思うのです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください