散 り な が ら 咲 き て 山 茶 花 も 寂 し

ちりながら さきてさざんか もさみし

山茶花は気楽で気安い花です。

ツバキと色は同じでも、趣きといった面ではかなり見劣りするようです。

花びらも薄くて、緻密さに欠けるというか、ちょっと雑というかそんな感じ。

そのせいで、散り敷いたようすも褒められます。

散って残念がられる花ではありません。

この句も読まれています。

新 し き 化粧 水 コ ク リ と 開 け て 秋... St.Regis Osaka 洗面 / Tezzca 今までの化粧水を変えた。まったく効果がないから。期待を込めて、新しい化粧水。今朝から。秋真っ盛り。...
揚 水 の 発 電 残 し て 山 眠 る 小さな水力の発電だという。山はもうすっかり冬の気配で、大きな岩盤は、その色をいっそう深くして、より大きく見える。常緑樹は変わらず、ほかは冬の立木となり、沢の水も冬、空も冬の空。水汲みの人が並んでいる。いい湧き水が出ているのだろう。なんか容れ物を持って来ればよかった。...
時 雨 な ど 任 侠 映 画 の 帰 りな ら しぐれなど にんきょうえいがの かえりなら わたしはヤクザ映画が大好きです。 もう、白黒の時代のものから何でも観ます。 (高橋英樹シリーズは、チャラくて、嘘っぽいから観ないけれど。) 何より礼儀正しい、スジを通す、顔を立てる、顔に免じる。 そして思いやりがある。 命をかけて、大事な人を守...
半 夏 生 紅 を 濃 く 引 き 家 を 出 る... はんげしょう べにをこくひき うちをでる ハンゲショウ。 七月の初めごろ。 この日は、天から毒が降るとのことで、野菜は食べず、竹の節に虫が出るので、以後タケノコを食べないとされてきたと。 まだ梅雨のさなかで、ときに大雨になると言い伝えがあるそうです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください