散 り な が ら 咲 き て 山 茶 花 も 寂 し

ちりながら さきてさざんか もさみし

山茶花は気楽で気安い花です。

ツバキと色は同じでも、趣きといった面ではかなり見劣りするようです。

花びらも薄くて、緻密さに欠けるというか、ちょっと雑というかそんな感じ。

そのせいで、散り敷いたようすも褒められます。

散って残念がられる花ではありません。

この句も読まれています。

書 け ぬ ペ ン ば か り ペ ン 立 て 夾 竹 桃... かけぬペン ばかりペン立て きょうちくとう しばらく使っていなかったせいか、もともとがやすものだったからか、ボールペンがことごとく付かない。 まったく、急ぐときにこれだから。 ついてないのか、日頃の行いが悪いのか、夾竹桃のせいなのか。...
二十世紀 鳥取の秋の 香りして 鳥取のJAが出荷した二十世紀梨を買った。九州の梨は、大きくて、褐色で、それはそれで美味しいんだけど、私は、二十世紀のあの小ぶりで、締まった味が好き。薄緑色に秋が詰まっているように感じる。...
黒々と そそり立つ闇 夏木立 田植えを終えたばかりの田の奥に、山の裾野に長々とそそり立つ黒い木立 季節は変わり、青かった木々は、堂々と黒い得体の知れない立派な木立になる。 人も変わる。良くも悪くもそのままでいられるはずもない。...
七 十 も 働 け 蝙 蝠 笑 ひ お り しちじゅうも はたらけこうもり わらいおり 年金が足りないらしい。 65からはもらえなくなるらしい。 70まで働けと。 団塊の世代は、働いているうちはよかったものの、退職と同時にお荷物と化した。 この先、老人ホームも特養もというより、そもそも介護保険も医療も団塊に占領され、アタシらは入る施...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください