放 牛 の 烙 印 大 き 阿 蘇 の 露

ほうぎゅうの らくいんおおき あそのつゆ

人間というものは、残酷でどうしようもない。

阿蘇に放されているウシには、自分のものだという大きな焼印が背中に付けられています。

どうして、タグではいけないのでしょう。

痛みはいかばかりか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください