揚水(ようすい)の 発電残して 山眠る

水を高いところに引き上げて、落す力で発電する発電所がある。
ずんと眠り込む山の中で、そこだけが活動している。
山はいつからか素知らぬ顔。
葉を落す樹々があり、変わらぬ緑の樹々がある。
いつもの冬の景色。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください