推し量る  術(すべ)ばかり得て 秋の月

大人の顔色ばかりみて、育ってきたせいか、いつもいつも人の気持ちばかりこそこそと見る癖がついてしまっている。
まるでしみのように、消えない、癖のようなものか。とても疲れるけど、それ以外の気持ちの持ちようを知らない。ただ長い年月の間に、まるで自由奔放に振舞っているかのように見せる術は身につけたと思う。みんなだまされる。だれも私が、気をつかって、へろへろになってるなんて知らない。それだけが取り柄。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください