打 た せ 湯 や 肩 も 腰 も と 春 隣

うたせゆや かたもこしもと はるとなり

せっかくの温泉。

せっかくの打たせ湯だからと、アタマ、肩、コシもと欲張りが多いこと。

寝正月の後遺症か、ふしぶしが固まっているようです。

打たせ湯の音が大きいので、それを上まわる大きな声で話すことになります。

結局、嬌声もあり、大きな声のおしゃべりもあり、チベットの仏像のような、おかしな格好のヨガみたいなポーズ、それに打たせ湯の音も手伝って、まるで動物園。

平和な年明けです。

この句も読まれています。

石切り場 一時雨(ひとしぐれ)きて 日は暮れて... 石切り場のあの無味乾燥な雰囲気が、一雨くると 表情を変える。 石は濡れて潤い、瑞々しい。 この先ひと雨ごとに秋から冬へ季節は移ろう。 柿や銀杏の落ち葉が楽しげに散るのとはちがい、 大きな石が尖ったままに雨に濡れるのは迫力がある。 雨が降るたびに、落ち込むことができるというか、 それほど頻繁に辛いこと...
朧 月 立 坑 跡 に 乗 り か か り おぼろづき たてこうあとに のりかかり 大牟田市近代化産業遺産、宮原坑立て坑跡。 はじめは官営三池炭坑として、その後三井に払い下げられ、日本の産業を牽引したとされています。 現在残る廃虚のような立て坑は、石炭産業の華やかなりし頃の面影は薄いものの、春の朧の月を載せ、穏やかにそこにあります。 その後...
数 へ 日 の 陽 の あ る う ち の 墓 参 り... かぞえびの ひのあるうちの はかまいり ロクでも無い父親でした。 子どもが二人もいるのに、奥さんを変え、子どもが虐待されているのを薄々感じ取りながらも、見ないふりして、職場の付き合いに没頭しました。 そのため、人の世話には余念がなく、友人は多く、家には訪問客が絶えず、わたしは夜中まで皿洗いをしまし...
日 も 雨 も す べ て 許 せ り ミ モ ザ か な... ひもあめも すべてゆるせり みもざかな あの降り注ぐような黄色い花、ミモザの花です。 たいていは大樹といわれるまで育つようで、少し欧風めいた雰囲気とともに、多くの人に愛されているようです。 晴れてよし、雨もまた風情があってよし。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください