打 た せ 湯 や 肩 も 腰 も と 春 隣

うたせゆや かたもこしもと はるとなり

せっかくの温泉。

せっかくの打たせ湯だからと、アタマ、肩、コシもと欲張りが多いこと。

寝正月の後遺症か、ふしぶしが固まっているようです。

打たせ湯の音が大きいので、それを上まわる大きな声で話すことになります。

結局、嬌声もあり、大きな声のおしゃべりもあり、チベットの仏像のような、おかしな格好のヨガみたいなポーズ、それに打たせ湯の音も手伝って、まるで動物園。

平和な年明けです。

この句も読まれています。

衣 更 へ マ ネ キ ン 容 赦 な く 全 裸... ころもがえ まねきん ようしゃなくぜんら デパートのショーウィンドウのマネキンが夏服にころもがえです。 一度下ろすかと思いきや、人が上がり込んで、その場で行われます。 手慣れた様子で時間は取りません。 とりあえず全部脱がせてから、すべてアタマから入れて着せていきます。 ちょっと気の毒。...
かじけ猫 縄張り離れて 餌を探し この寒空に、野良猫は辛かろう。 餌をやると、増えるということで、餌やり禁止令がでている。 同じような色と模様の猫が、急に増えることがある。 わたしは猫は、好きじゃない。従順ではないし、何を考えてるか見当もつかないから。 沼田まほかるの小説に、「猫鳴り」というのがあって、読んだけど、初めから終わりまで...
石階段 窪み(くぼみ)に花と 花の雨 神社に登る石造りの階段。 そのくぼみに早くも散った 桜の花びら、降り続く雨。 もうこれで、終わるかな。
山茶花の 咲き終わるまえ 散りはじめ... 山茶花の垣根にようやく花が咲き始めました。まだちらほらですが、地面にはもう散った花びらが落ちています。つぼみをふたつ小さな花器に入れて玄関に置くと、固かったつぼみがもう咲いてる。あわただしいこと。椿より小さくて、椿ほど重みもなくて、垣根によく合う手ごろな花という感じです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください