打 た せ 湯 や 肩 も 腰 も と 春 隣

うたせゆや かたもこしもと はるとなり

せっかくの温泉。

せっかくの打たせ湯だからと、アタマ、肩、コシもと欲張りが多いこと。

寝正月の後遺症か、ふしぶしが固まっているようです。

打たせ湯の音が大きいので、それを上まわる大きな声で話すことになります。

結局、嬌声もあり、大きな声のおしゃべりもあり、チベットの仏像のような、おかしな格好のヨガみたいなポーズ、それに打たせ湯の音も手伝って、まるで動物園。

平和な年明けです。

この句も読まれています。

天 近 し 雪 の 脊 振 の 一 家 言 てんちかし ゆきのせふりの いっかげん とても遠いのですが、脊振山という山がそびえています。 とても高いので、どの山より早く冠雪します。 慌てるな。 成るように成る。 成るようにしかならない。 そんなときも、おろおろしたって、なんにもならない。 そんなことを言われているような気がするの...
恋の唄 など鬱陶しかり 秋夜長 秋の夜は、静かにひとりで過ごしたい。 恋愛ソングなど、とんでもない。 人生は枯れたように過ごすのが、疲れなくていい。...
新 聞 紙 くる み て 朝 露 青 大 根 しんぶんし くるみてあさつゆ あおだいこん 家庭菜園で育てたという大根をいただいた。 新聞紙にくるまれたそれは、朝露に濡れてみずみずしい。 虫食いもあるけれど、立派な葉がそのままで、うれしい。 大根は、葉付きのものを買うことにしている。 用途はたくさん。 春の贈り物。...
色 恋 は 持 ち 込 む 勿 れ 大 花 野 いろこいは もちこむなかれ おおはなの 自然がくれた大花野。 咲き誇る花々を、清い心で鑑賞しようではありませんか。 不倫など、するものではありません。 ひがみに聞こえたかもしれません。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください