手繰るよに 赤のまんまの 切なさを

秋の初めのころ、赤まんまとよばれる犬蓼(いぬたで)の花をみると、つらかった幼い日のことを思い出してどうしようもない。小さかった私の思いなど、両親は知らない。今にいたるまで。4さいのこどもの、胸の奥の涙のつぼは、大人とすこしも変わらないのに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください