手の届く 辺り(あたり)になんでも 春炬燵(こたつ)

この季節まで、炬燵の片付けが出来なくて、自己嫌悪におちいってたが、昨日からの寒の戻りで、
再びの活躍。
とにかく炬燵というものは、入ったら出たくない。
新聞、ぽんかん、珈琲、ボールペン、携帯電話などなど、必要なものは、
すべて手を伸ばせば届くところに配置。
なんてずぼらなんだろう。
よかったらクリックください。励みになります。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください