戸を開けて 服掻き合わせ 山粧う

そんなに寒いとは思わず、雨戸を開けて、冷気を感じ、おお寒って思います。
寒いのはそんなにいやではありません。
少し働こうかって、気になります。

この句も読まれています。

色 恋 は 持 ち 込 む 勿 れ 大 花 野 いろこいは もちこむなかれ おおはなの 自然がくれた大花野。 咲き誇る花々を、清い心で鑑賞しようではありませんか。 不倫など、するものではありません。 ひがみに聞こえたかもしれません。...
サ ー カ ス の 獣 の 泪 冬 の 月 サーカスの けもののなみだ ふゆのつき なんの因果か運の悪さか。 群れをなしているというのに、一頭だけ、暑いサバンナで捕らえられ、この冬の日本の見世物小屋に連れてこられたライオンが飼育員を噛んだと。 水のきらいなネコ科の動物を洗わなければ、客の前に出せないほどの劣悪な環境のもと、ムチを振るわれ、命...
赤まんま おぼつかなき頃 語りたく... お幼い日の心の傷、不安、悲しみをこの歳になっても卒業できずに、誰かにわかって欲しいと思う。それはもう、時がたち過ぎて、当事者の親でもかなわず、家族でも、友人でもなく、まだ探し当てていない。...
ミモザ咲く スカートの裾 ふわりとす... ミモザの花が咲く。降るように咲く。まちがいなく春の風が吹き、木綿のブラウスや、薄いフレアースカートを出したりする。おもいっきり深呼吸もする。日頃のことをしゅくしゅくとやっていこうと思う。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください