戸を開けて 服掻き合わせ 山粧う

そんなに寒いとは思わず、雨戸を開けて、冷気を感じ、おお寒って思います。
寒いのはそんなにいやではありません。
少し働こうかって、気になります。

この句も読まれています。

声 か け て 間 引 大 根 貰 ひ 受 け こえかけて まびきだいこん もらいうけ 初秋に蒔いた大根は、二度か三度間引きをするそうです。 一本立ち前の間引きでは、ダイコンは小指ほどの大きさに育っています。 柔らかい葉とダイコンは、すべて美味しくいただきます。...
い っ せ い に 帰 り 支 度 や 初 盆 会... いっせいに かえりじたくや はつぼんえ 初盆だからと、親類縁者が集まります。 半分義務かもしれません。 ともかくも、亡くなってから日も経つので、あれこれと賑やかです。 結構な年齢で、亡くなったのだから、年に不足はないだろうと、なんとなく雰囲気で感じます。 僧侶の読経が終わり、食事が済むと、当然のこ...
牡 蠣 小 屋 の 火 勢 に 追 は れ 無 口 な る... 牡蠣は小ぶりなのに、七輪の火の起こりようの凄いこと。 ぐつぐつと煮えていたかと思うともう、焦げそうになっている。 そうなると小さく固くなるから、食べるのもスピードアップしなければならない。 遠く糸島半島まで来て、一瞬で食べ終わるなんて、勿体無さすぎる。 それでなくとも今年の牡蠣は小ぶりだとテレビが言...
寒菊の 香いっぱいに 吸い込んで 寒菊の香りは、秋の寒い朝にぴったり合うのです。 小さく折り取り、小瓶にさしたりします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください