成 就 な ど な ら ぬ 恋 な り 蕗 の 薹

じょうじゅなど ならぬこいなり ふきのとう

たまには年寄りの言うことも聞こう。

道にハズレた恋愛などするものではない。

この句も読まれています。

すがすがと 一人静は 風の道 一人静とは誰が名づけたのか。 義経の静御前ゆかりの名か。 花は、清々しく凛として、木々の中に ひっそりと咲く。...
畦の間を 秋の水行く 冷たく細く 田んぼの畦の間の細い細い用水路に、川の水が引き込まれます。 秋の水です。 冷たい水です。 細く細く、でも勢いはあるのです。ちょろちょろでも、しっかりと水量と水勢はあるのです。 頑張っているのです。...
春 泥 に ま み れ し 帰 還 消 防 団 しゅんでいに まみれしきかん しょうぼう団 消防団というのは、消防署とはちがいます。 基本的に地域のボランティアと称される人で形成され、火事の時、消防の手伝いをすることになっています。 歴史は古いです。 ボランティアとはいっても、有償です。 韓国旅行など美味しい特典もあり、それ目的に入団す...
酒 粕 に 瓜 漬 くる 桶 天 日 干 し さけかすに うりつくるおけ てんぴぼし 酒粕にウリを漬け込む、つまりは奈良漬けです。 あの甘辛い赤黒い漬物ではありません。 筑後産の、酒粕の匂いが強い、まだみどり色の浅漬けが好きです。 時間が経つと味が濃くなりますから、早めに取り出していただきます。 酒蔵製です。 浅くて丸い木の桶です。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください