懐 か し き 苗 札 見 つ く 母 在 る 日

なつかしき なえふだみつく ははあるひ

むかし、そこらじゅうに、当たり前にあった草木が、

いつのまにか消えてしまっていることに、気づくこと、けっこうあります。

流行でしょうか。

洋花ばかりが、もてはやされている気がします。

庭木でも、コニファーや、オリーブなど、見栄えが良く、すぐ大きくなる木ばかりです。

話はかわりますが、

ワタシの故郷は、やっぱり筥崎だと思うのです。

ものごころついてから、ほんのわずかな期間ではあるけれど、母がいた。

郷口町。

宇美川と、もう一本小さい川の合流地点で、竹の先にクズ野菜を付けて垂らすと、川ガニが釣れた。

護岸工事のなされてない川岸は、子どもらの、かっこうの秘密基地。

まだクルマの少ない時代、大きな道路を、クルマがいないときを狙って、走って渡る競争は、親にはナイショ。

休みの日には、ばあちゃんが、筥崎宮まで、妹をベビーカーに、ワタシは徒歩で、行ったものです。

もう誰も知らないこと。

思い出を共有できる人が、ひとりもいないことは、さみしいことです。

それから先は、どうしようもなく悲惨な人生だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください