意思あるごと 缶の転がり 冬の暮れ

風に押されて、からからと音を立てて空き缶が転がる。
アスファルトの道。止まったかと思うと、また進む。
まるで誰かが蹴っているように。
冬の夕暮れはさみしい。
まして今日のように、冷え込んで、空が低い日には、
公園を散歩する人影も見ない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください