性 哀 し 喰 は ぬ 早 贄 (はやにえ) 冬 の 鵙 (もず)

鵙(もず)は捕えた獲物、蛙や蜥蜴などを直ぐには食べず
木の枝や有刺鉄線に刺して、食料として保管する習性があると
長いこと言われてきた。
餌付けされた鵙でも、同じ行動が見られるということで
これは、持って生まれた習性であろうというのが最近の見解らしい。
でもこの早贄、食べられることはほとんどないらしく、他の鳥の餌になることも珍しくないとか。
食べもしないのに、餌を保管しておくために一生懸命になるなんて
あんまり哀しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください