忠霊塔 夏陽の影の 長く曳き(ひき)

夏は真っ盛りを過ぎ、暑さはそのままに、
季節は少しずつではあるが、移ろう。
忠霊塔の大きな石は、長い長い影を、
となりの中学校の校庭まで、引っ張られるように
精いっぱい伸ばしている。

この句も読まれています。

松虫に 台風の余波 被される 別に松虫がとりたてて好きなわけではないのですが、秋の夜長といえば、松虫かなと。 うちで鳴いているのも松虫に違いないと思われるのです。 台風が迫ってくる、あの恐ろしい感じ。 松虫は人間以上に震えているでしょう。 じわっじわっとくるのです。...
田中慎弥の掌劇場 「書いている、読んでいる」毎日新聞8月9日 (日) 12面掲載... わたしは何故か、このひねくれた作家の、ひねくれた心根で書かれた、ひねくれた文体による、ひねくれた文章に惹かれる。 好きで堪らない。 この人、何とは無しに書いているようで、結局苦労づくめの人生だと、わたしは思っている。 何冊か、他人事のように書かれた著書は、おそらく本人の自伝であろうし、今回の自殺に関...
盆 唄 の 上 が り 下 が り を 来 し 方 に... ぼんうたの あがりさがりを こしかたに 田舎の盆踊りほど、伝統そのもので、盆唄は難しいと言われます。 向こうの世界から帰り来る先祖の霊を慰め、これを送るために、こちらの世の者が、集って唄い、また踊ります。 盆踊りです。 地域によって、歌う唄も振りも異なるとのことです。 土地の歴史や、ときには武勇伝...
「 第 10 回 角 川 全 国 俳 句 大 賞〈自 由 題 準 賞〉」受 賞... 角川 俳句 1月号 掲載決定。 「賞金と賞状は、別便にて送ります」だって。 ウフッ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください