忠霊塔 夏陽の影の 長く曳き(ひき)

夏は真っ盛りを過ぎ、暑さはそのままに、
季節は少しずつではあるが、移ろう。
忠霊塔の大きな石は、長い長い影を、
となりの中学校の校庭まで、引っ張られるように
精いっぱい伸ばしている。

この句も読まれています。

今 生 の 別 れ 桜 の 咲 き 具 合 生きる時間の限られた人を見舞った。 穏やかに明るく落ち着いて、そして短い時間の訪問にしようと決めて、病室のドアの前で深呼吸した。 よく来てくれたと言ってくれた。 どうということもない他愛のない話をして終わった。 もう会うこともなかろうに。 山ほど話はあったのに。...
夾竹桃 わずかな気力 吸い取られ 夾竹桃の花は強い。 毒性もあるらしい。 毒気にあてられて、自分が自分でなくなるような、一番苦手な人間の匂いがする。...
冬 麗 や 仏 は 眉 を ひ そ め た る とうれいや ほとけはまゆを ひそめたる 阿修羅像。 まだ若い仏像です。 眉間をひそめた辺りに哀愁をたたえ、何を思うのでしょうか。...
野梅にも 見守りのあり 花六つ 山にある梅。野生で頑張っている。 天からの水だけを頼りに生きている。 どなたか見守っているのだろうか。 枯れることはなく、今年も花を六つ もつけた。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください