忠霊塔 夏陽の影の 長く曳き(ひき)

夏は真っ盛りを過ぎ、暑さはそのままに、
季節は少しずつではあるが、移ろう。
忠霊塔の大きな石は、長い長い影を、
となりの中学校の校庭まで、引っ張られるように
精いっぱい伸ばしている。

この句も読まれています。

豆腐屋の おから繁盛 走り梅雨 豆腐を買えば、おからはただ。 ただとは言え、スーパーでは値段をつけて売っている。 おからは身体にいい。 調理は少し面倒だけど、一度たくさん作っておけば、何日も食べる。...
もの想う ふとした時に 日は落ちて... 春の夕暮れの空の色の変わりようを、しっかり見ようと決めて歩き出したのに、薄墨から群青に変わるころ、ふっと考えごとをしたほんの一瞬に、とっぷりと暮れてしまった。うらうらと気分のいい日のくれ。...
廃 線 の 決 ま る 鉄 路 に は や 芒 はいせんの きまるてつろに はやすすき 日田彦山線。 単線です。 無人駅もいくつもありました。 沿線は、何の変哲も無い、小さな工場や、小さな家々ばかり。 ただ無人駅のそばには、有名な湧き水が溢れ、そこだけ賑わっているかんじでした。 こんな鉄道があるんだと思いながら、乗ったのは半年ほど前、...
這松の(はいまつ)の 原に浜風 ときに秋... 松林の中に、佇むと暑いには暑いけど、涼やかや風がひととき吹き渡る。 地面を這うような松もあり、隙間すきまを風がぬける。 海風。 風の中に、ひとすじの秋の風を捕まえた。 ようく気をつけて、しばらくたたずめば、きっと感じる。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください