忠霊塔 夏陽の影の 長く曳き(ひき)

夏は真っ盛りを過ぎ、暑さはそのままに、
季節は少しずつではあるが、移ろう。
忠霊塔の大きな石は、長い長い影を、
となりの中学校の校庭まで、引っ張られるように
精いっぱい伸ばしている。

この句も読まれています。

貝 寄 せ の 浜 に 秋 風 桜 貝 かいよせの はまにあきかぜ さくらがい 津屋崎に、貝寄せの浜と呼ばれる、砂の海岸があります。 なんの加減か、潮の流れか、貝殻がよく波に寄せられるといいます。 もう海風は、すっかり秋で、羽織るものがないと、寒いです。...
月夜には いつもの道の 青くなり 月って照らすせーんぶを青く染めてしまうのですね。 自分の顔も真っ青なんだろうか。 神秘的で、年甲斐もなくわくわくします。...
育まれ(はぐくまれ) 二月の慈雨の 万物に... まだまだ寒い。みぞれのような冷たい雨が 一晩中降り続く。雨の音を聞くと落ち着く ので、寒いけれど窓は少し開けて寝る。こ の冷たい雨が、春の準備をしている樹々や 草木の、その準備を手伝っていることを思 うと嬉しくなる。街路樹も畦の草も万遍な くというところがとてもいい。...
秋 暮 れ て 人 待 ち 顔 は 隠 せ ず に... 秋暮れて ひとまちがおは かくせずに どこにいても、何をしていても、恋心というものは露出しやすいもの。 年齢には関係がないことを、このたび同級生の友人に思い知らされました。 思わず「いい年して」と、言ってしまいました。 浮き足立っているさまは、見ようによってはみっともないものだけれど、 本人たちが...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください