忘 れ よ う 水 枯 る 夜 の 果 て の 夢

夢というのは不思議なもので、登場人物は実在
もしくは既に逝った人たち。
知らない人ではない。
話は、脈絡があったりなかったり。
思い出したくないことや、今さら言ってもしょうがないことも。
起こるはずもない夢のような楽しいことも、平気で起こる。
今さらあるわけないじゃないの。
今さら逢えるわけないじゃないの。
忘れてしまえ。
ばかばかしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください