待 機 機 の 見 え 隠 れ す る 春 霞

たいききの みえかくれする はるがすみ

滑走路が一本しかないためか、昔と比べて離着陸が極端に増えたせいか、よくあれで上手くやれるなと感心するほどの滑走路の混雑ぶりです。
空の上では、順番を待って旋回するものもあり、かすみのかかった春の曇り空の中、何処へ行ったのかと見失えば、とんでもなく遠方から、急に姿を現し、滑り込むように下りてきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください