待 ち 待 ち て 挙 句 廃 線 春 の 雨

まちまちて あげくはいせん はるのあめ

後回しになるとは予想していました。

本線ではなく、単線ですし、無人駅が続く、まことに心細い鉄道ですから。

それでも長い長い陳情の末に、村の人々の足となるべく、期待されやっとの思いで開通したと想像します。

後回しでも、時間がかかってもいい、なんとか繋いでほしかったのです。

田舎の景色の中を行く単線列車は、味わいのあるもので、沿線にはやまぶしの修行の山や、天然の清水の水汲み場もあり、小さいながら窯元もあり、また開通した折にはぜひ乗りたいと楽しみに待っていたものです。

残念でなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください