待宵の 月をお供に 風呂帰り

わたしはスーパー銭湯が好きです。
一日の終わりに、ゆっくり入ります。
露天から見る空は、小さく四角に切り取られて、月はぼんやり浮いています。
帰りはそのお月さまと一緒です。
待宵の月はぼんやりして、あんまり気合が入ってなくて、好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください