待宵に 便りなどする 雨の降る

わたしは手紙を書くのが好きです。
つたない文章ですが、心をこめて書きます。
一度にはなかなか言葉が思いつかないので、2,3日かかります。
じーっと考えてるわけではないのです。
引き出しに紙と鉛筆を入れておいて、思いついたときに、思いついた文章をちょろっと
書いておくのです。
とくに用事のない手紙は、そうやって書かないと、出来上がらないからです。
そして書いたものがたまったところで、手紙に仕上げるのです。
そうまでして書くことないのに。
むかし男にはそうやって書いたものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください