秋 入 梅 国 東 半 島 道 祖 神

あきついり くにさきはんとう どうそじん

田圃の端や、農道の曲がり角、池の淵、住宅街の一角。

此処にはどうしてこんなにもお地蔵さんが多いのでしょう。

ほったらかしにされているものは、ひとつも見当たらず、小綺麗にお世話されていることは、一目でわかります。

信仰の深い土地柄なのでしょう。

旅の者たちには、こころ和む風景です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください