庭 下 駄 は 大 股 に 行 け 虫 す だ く

にわげたは おおまたにゆけ むしすだく

彼岸に向けて、日が暮れるのが少しずつ早くなってきました。

暮れるか暮れないかのうちから、秋の虫は大合唱にはいります。

驚かさないように、庭下駄で大きな音を立てないように、ゆっくり大またで歩いてほしいものです。

この句も読まれています。

情 念 の ほ と ぼ り 冷 ま す 蛍 か な... じょうねんの ほとぼりさます ほたるかな 追えば逃げる逃げれば追うなどと言われ、むかしからオトコとオンナの間には、理解できない深いミゾが存在するのか、愛しかったり、殺したいほど憎んだり、なんともいそがしいものです。 感情は、自分でコントロールできるものでもなく、振り回される感はあります。...
一 筆 箋 余 白 埋 ま ら ず な め く じ り... いっぴつせん よはくうまらず なめくじり 贈り物に、ちょっとひとこと付け加えようと、便箋でも絵葉書でもなく、一筆箋を選びました。 下半分に紫陽花とカタツムリの絵が書いてあって、書き込むところが少ないのが気に入ったからです。 筆が行き詰まってしまって、どうにもならない。 明日にしよう。...
冬 林 檎 ひ と つ 覚 へ の 兎 跳 ね むかしのこと。 弁当のおかずに困ったとき、どうしてもすき間が埋まらないとき 耳のついたうさぎを押し込んだ。 思い起こせば、あんな日もこんな日もあった。 青森産の大きな林檎を前に、これしかないのかと、周りを窺うこのごろ。 こんな日が来るなんて、思いもよらないことだった。...
風 薫 る 水 城 の 堤 防 長 々 と かぜかおる みずきのていぼう ながながと 長々ととは、あまりに大げさです。 長々と続いていただろう長堤は、鉄道に二ヶ所切られ、道路に数知れないほど切られ、正直見ていられない悲惨さです。 わずかに旧3号線からの眺めに、長かったであろう面影が残るばかりです。 植田の中に小高く樹々が生い茂り、発掘...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください