庭 下 駄 は 大 股 に 行 け 虫 す だ く

にわげたは おおまたにゆけ むしすだく

彼岸に向けて、日が暮れるのが少しずつ早くなってきました。

暮れるか暮れないかのうちから、秋の虫は大合唱にはいります。

驚かさないように、庭下駄で大きな音を立てないように、ゆっくり大またで歩いてほしいものです。

この句も読まれています。

春の闇 庭石(にわいし)のありか 確かめつ... なんで、ごろごろと庭石を置くのだろう。 サンダル履きでは、つまづきそう。 まして、春の闇が訪れれば。 見えそうで見えない。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
豆腐屋の おから繁盛 走り梅雨 豆腐を買えば、おからはただ。 ただとは言え、スーパーでは値段をつけて売っている。 おからは身体にいい。 調理は少し面倒だけど、一度たくさん作っておけば、何日も食べる。...
じたばたと 今年も終わるか 秋時雨... 全くもう、今年もじたばたと動き回って、結局ここにいるのかと思ってしまうような一年でした。落ち着いて、流れに任せていたほうが、うまくいくことも多いと、人に言われ、自分もそう思っていたのに、結局年の初めからおたおたし、今もなんとなく落ち着かない。結局性分なんでしょうか。誠実に誠実に頑張ってるつもりなのに...
単 線 の 連 結 照 ら す 秋 の 月 たんせんの れんけつてらす あきのつき 篠栗線。 今はなんと言ったか。 福北ゆたか線。 博多駅のいちばん端から発車する。 以前勤めていた会社が篠栗にあり、其処までしか実は行ったことがないのだけれど、これは筑豊に通じる歴史ある鉄道。 鉄道は、何処も同じだけれど、むかしから多くの人の夢や挫折を運ぶ。 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください