庭 下 駄 は 大 股 に 行 け 虫 す だ く

にわげたは おおまたにゆけ むしすだく

彼岸に向けて、日が暮れるのが少しずつ早くなってきました。

暮れるか暮れないかのうちから、秋の虫は大合唱にはいります。

驚かさないように、庭下駄で大きな音を立てないように、ゆっくり大またで歩いてほしいものです。

この句も読まれています。

蒸 気 噴 く 源 泉 管 理 鶏 頭 花 じょうきふく げんせんかんり けいとうか 杉瀬 豊 氏 撮影 「アサヒカメラ9月号 源泉設備点検 」 感動しました。 別府の鉄輪(かんなわ)温泉の裏、人目につかない場所に源泉を管理する建屋があります。 驚くほどの蒸気の量と、激しい勢い。 身の危険を感じるほどの状況のなか、ひとりの作業服姿の...
山 藤 や 勝 手 気 儘 ( きまま ) の 深 紫 ( こむらさき )... まるで矯正されたように、整然と花房が垂れて美しいと賞賛される庭園の藤とはちがい、山の藤は、どこへ伸びようが勝手気まま。時期も少し遅いよう。花も小ぶりながら、色は深い。朝倉の方に、高速を通りながら、ときおり元気な山藤を見る。来年も再来年も、このままであれ。...
懐 に 鯛 焼 き 抱 へ 急 ぎ 足 ふところに たいやきかかえ いそぎあし 木枯らしの中、マフラーから目だけ出して並んでまで、地域では美味しいと評判の鯛焼きを買いました。 懐に抱えると、単純なもので、心までほっこりとなる感じです。 いよいよ本格的な冬です。 あの狂ったように暑かった夏と残暑を思えば、どうってことない。 鯛焼きで温まっ...
足 指 に 力 〆 縄 口 へ の 字 あしゆびに ちからしめなわ くちへのじ 町にひとつある、中央公民館で、地域のお年寄りたちが小学生の子供たちにしめなわの作り方を教えるセミナーを開きました。 本物ではないワラに似せた物を、締めてくるりと輪にしたものなら、手芸店にも売っているのですが、ここではワラをねじることから作ろうという本格的な...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください