庭 下 駄 は 大 股 に 行 け 虫 す だ く

にわげたは おおまたにゆけ むしすだく

彼岸に向けて、日が暮れるのが少しずつ早くなってきました。

暮れるか暮れないかのうちから、秋の虫は大合唱にはいります。

驚かさないように、庭下駄で大きな音を立てないように、ゆっくり大またで歩いてほしいものです。

この句も読まれています。

短夜に セメント橋の なつかしさ 夏至のころの、長い夕暮れに思わぬところで、セメントの小さい橋を見つけたのです。 レンガのように歴史を語るものでなく、コンクリートのように、強くもなく、小さな川をちょこっと またぐのです。 こんな風景を見つけると、お得した気分です。天気の悪い、ながい夕暮れが似合うのです。...
雁の寺(2) 上京区の久間平吉は、孤峯庵の檀家だったが、慈海の等級別表によると、二流であった。 その久間家から使いが来て、亡父の3周忌だから読経を頼むといってきたのは11月の7日だった。 慈海は慈念を呼んで、「お前、久間の家へ行って経あげておいで。 わしは源光寺に行かにゃならん」と言った。 「陀羅尼と施餓鬼を読ん...
雁渡り 寂しきは人 人はひとり 秋になると、雁が渡り行く。 わびしい光景だけど、でも思えばいつもそう。 人は一人で生きているのです。 いまさら侘しいなんて、想うのはおかしい。...
結 核 の 後 ( あと ) 保 護 指 導 所 梅 雨 に 入 る... 糟屋郡宇美町に、後保護指導所の跡地がある。 わたしの記憶では、立ち入り禁止ながら、建物も敷地もそのままのはず。 むかし結核は命を奪う恐ろしい病で、入院期間は長きに及んだ。 退院後すぐに社会復帰も難しかったのだろう。 しばらく、病院ではない、家ではない、保養所のようなところで、社会生活に備えて訓練とい...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください