賀 状 来 し リ ハ ビ リ 未 だ 進 ま ざ る

がじょうこし りはびりいまだ すすまざる

思うようにリハビリが進まないと、嘆く年賀状が届きました。

入院中とのこと。

突然のことです。

去年まではそんなことはなかったのです。

七月に、階段から転落したと。

年賀状だけの付き合いが続いていたため、知りませんでした。

年賀状は、今の様子まですべてが活字で、本人の筆ではないため、字が書けないのか、書く気になれないのか、あれこれ思うばかりです。

おそるおそる1月4日に電話すると、娘さんが出て、今から病院に行くということで、じゃまにならないよう、すぐ切りました。

ガンバレと、ひりひりするような気持ちでいます。

この句も読まれています。

秋 霖 や 渇 き き っ た る 街 路 樹 に... しゅうりんや かわききったる がいろじゅに 連日の猛暑。 雨もなく、疲れきった樹々に恵みの雨です。 シュウリンとは、秋のはじめの頃の雨、秋雨前線のことのようです。 これで少し秋らしくなるかもしれません。...
冬 芒 下 ろ し の 風 に 傾 き て ふゆすすき おろしのかぜに かたぶきて ここまで、ススキ一色とは。 細い川を挟んで、両岸の広い広い土地は、まったく手付かず。 ススキに覆われ、高い山から吹き下ろす風は強く、毎日毎日、朝から晩まで吹いているものだから、大きく反対方向に傾いています。 白い穂が斜めに斜めにかしいで、風の強さを知ら...
営々と 命の芽吹き 続けども よき春の年 数えるほどに ... 毎年春は巡ってくる。 変わらず季節はおとづれるけど、 よき春と思える年は少ない。いつもいつもあれやこれやと うんざりするほど抱えて、花見どころではない年もある。...
籾 種 や 弥 生 の 地 層 汗 し と ど もみだねや やよいのちそう あせしとど 大きな建物が建つ前には発掘調査が行われます。 何もなければすぐ終わるのですが、何かの片りんでも見つかった日にはタイヘンです。 以前にもマガタマの鋳型が出て、説明会までとり行われ大騒ぎになったこともありました。 発掘に季節はありません。 雨が降らないかぎり一...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください