平 貝 は 痛 風 の 元 有 明 海

タイラギは つうふうのもと ありあけかい

有明海に生息します。
大きな三角形の貝で、貝柱はもちろん、ワタと呼ばれる内臓も美味です。
もともと庶民の食べ物です。
むかしはよく採れて、升で量り売りをしており、父は毎日というほど、丼で食べておりました。
わたしも大好きでした。
だんだん値段が上がり、諫早湾の、ギロチンと称される干拓により、採れなくなってしまいました。
父はその後痛風になり、これはタイラギを食べ過ぎたせいではないかと、うちうちで話したものです。
ついでに心臓も悪かったものですから、あちこちの病院では、心臓への影響を考え、なかなかスカッとする強い薬を出してもらえないとかで、心臓の検査を一切せずに、本人の所望の薬を出してくれる飯塚病院まで通っておりました。
まあ、ありがたいと言えばありがたい。
実にいい加減な病院でした。

この句も読まれています。

烏 瓜 咲 い て 彼 の 人 絡 め と れ からすうり さいてかのひと からめとれカラスウリ。あの紅い実からは想像もできない、美しい花を咲かせます。カラスウリ自体が少なくなった現在では、見ることは難しいかもしれません。白い五弁の花、それにまとわりつくような、白いレース状の糸。夕方から夜にかけて咲きます。幻想的な花です。...
で き る よ と 鉄 棒 の 子 の 秋 の 空... できるよと てつぼうのこの あきのそら やっと逆上がりができるようになったのでしょう。 得意げに、母親に披露。 まだ、やっとやっと感が拭えないけれど、ここまでくるのにどれだけ練習したのだろうと、自分を重ねていました。 鉄棒が苦手だったわたしは、毎日毎日暗くなるまで、近所の神社の隅にある鉄棒で、逆上...
冬 林 檎 ひ と つ 覚 へ の 兎 跳 ね むかしのこと。 弁当のおかずに困ったとき、どうしてもすき間が埋まらないとき 耳のついたうさぎを押し込んだ。 思い起こせば、あんな日もこんな日もあった。 青森産の大きな林檎を前に、これしかないのかと、周りを窺うこのごろ。 こんな日が来るなんて、思いもよらないことだった。...
真 夜 の 雷 賽 の 河 原 に 人 探 し まよのらい さいのかわらに ひとさがし おかしな夢をみたものです。 きっとイナビカリをともなう激しいカミナリのせいでしょう。 三途の川の河川敷、サイノカワラで、うろうろと、なつかしい亡くなった人を探しているのです。 日ごろはもうすっかり忘れているのに、忘れていないんだとわれながら驚きです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください