巻き固き 蕾あやめの 深紫(ふかむらさき) 

あやめは大好きな花です。花びらの大きい菖蒲や、淡い紫の杜若(かきつばた)や、アイリスではない、正真正銘のあやめに限ります。細くしゃきっと立った葉っぱの中に、固く巻いた尖った濃い濃い紫の蕾がある様子は心が躍る心地です。一年のうちわずか十日ほどの花の時季ですが、あ~夏が来ると実感します。

この句も読まれています。

逝 き し 人 ば か り 巡 り て 寒 昴 いきしひと ばかりめぐりて かんすばる 寒スバル。 牡牛座の星で、肉眼で見ることができます。 六個見えると言われますが、どれなのかよくわかりません。 真冬に最も鮮やかです。 星を見ると、もう亡くなったあの人この人に思いを馳せることが多いです。 誰かひとりくらい見守っていてはくれまいかなど...
ざわざわと 心が騒ぐ 冬の雷 冬の雷は、夏のあたりに響き渡り、空気が割れるような雷鳴ではなく、地の底から迫ってくるような くぐもった空恐ろしさがあります。 それはまるで良くないことが起こる前兆のような、得体の知れない胸騒ぎのようです。...
一面の秋 鉄条網 超えてなお 枯れてしまえば、また境目はくっきりと鉄条網。今こそ一面の秋、もみじ、黄落の樹々、敷きつめられた色とりどりの落ち葉。 iPhoneからの投稿...
きりきりと ブレーキ軋む(きしむ) 冬の夜... わたしは、傷つかないと思われているらしい。適当に言って、言った瞬間忘れるみたい。キリっきりっとネジが締まる音がする。レベル1、薬なしで回復するか。もうわかるようになった。」...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください