川 筋 の 気 質 神 輿 は 川 を 突 く

かわすじの きしつみこしは かわをつく

福岡県田川市、JR伊田駅近く「風治八幡宮」の川渡り神幸祭。

かつて石炭産業を支えた筑豊にあり、450年の伝統があると聞きます。

11基の山笠が彦山川を目指し、鮮やかな幟を立てた山笠が、揺れに揺れ揺らしに揺らして、かね太鼓を轟かせ、川に入り、水しぶきを掛け合うシーンがクライマックスです。

川筋気質とは、筑豊を流れる遠賀川の川筋に生きる人たちの気性を表す言葉です。

「理屈をこねない」

「竹を割ったような、いさぎよさ」

「宵越しのカネを持つことを恥とする」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください