川風の 芒(すすき)の堤防 吹き渡り

堤防は、一面のすすき。
川は上流のダムの都合で、水が増えたりちょっと減ったり。
川風はススキを撫でるように吹き抜ける。
すすきは、穂を出しかけて、今はもう盛り。
少ししたら、ふわふわの綿帽子を飛ばすのだろう。
よかったらクリックください。励みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください