山 藤 や 勝 手 気 儘 ( きまま ) の 深 紫 ( こむらさき )

まるで矯正されたように、整然と花房が垂れて美しいと賞賛される庭園の藤とはちがい、山の藤は、どこへ伸びようが勝手気まま。時期も少し遅いよう。花も小ぶりながら、色は深い。朝倉の方に、高速を通りながら、ときおり元気な山藤を見る。来年も再来年も、このままであれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください