山 茶 花 の 散 る を 惜 し む る 人 の な き

椿ではない。
山茶花は、垣根にも用いられる気楽な花との印象がある。
山のように咲き、つぎつぎと散っていく。
散り敷いた花びらもまた一興と鑑賞される。
なんだかね。
扱いがテキトーというか、軽い。
人に気を遣われない、コイツになら、言いっ放しが赦されると思われている感じがして、自分を見ているようで痛い。
世の中には、無口で、場の空気など読みもせずにいて、何故か周りがちらちらと様子を見たり、其の人の居心地を思いやったりする人がいる。
わたしには、ただの我儘にしか見えないこともあるのだけれど、あっちの方がお得だよねー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください