山 笑 ふ 八 合 目 ま で バ ス の 来 し

やまわらう はちごうめまで ばすのこし

山というものはふもとから登るものです。

ましてや児童の遠足なら、足腰を鍛えるイミもあります。

修験者が修行をしたと伝えられる険しいことで名高かった山も、観光客を増やすためか、ずいぶんと上の方まで、バスが離合できるほどの大きな道が通され、遠くから見ても、山肌がむき出し、見られたものではありません。

それでも山は、これほどあるかというくらい、たくさんのみどり色をもくもくとさせ、いかにも楽しげに見えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください