山 海 に 豊 穣 を も て 穀 雨 か な

さんかいに ほうじょうをもて こくうかな

樹々に草花に命の雨を与え山まるごと潤して、その滴りは長い時間をかけて、やがては海へと導かれ、魚介豊かな海になると聞きます。

ひと雨ごとに若芽は育ち、花芽はふくらみ春を深めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください