山笑う 大方の(おおかたの)ことは やり過ごし

いろいろある。
ある本で、読んだこたですが、頭の中に、
シチューなどの煮込み料理をする煮込み鍋をセットしておくことが大事。
解決のつかないこと、時間を要すること、
急いで結論を出さない方が、きっとうまくいくと思われることなどを
その鍋に放り込んでおくと、いつの間にか、
いくべきところに行く、導かれるところに流れて行って、
いい結果に繋がる。
バタバタ解決を急いで、間違って、またちがう仕事を増やして、
そのうえ混乱して、いいことは何もない。
そうならないよう、わたしも鍋をアタマのなかにおくことにした。
おおかたのことが、導かれる結論を得られますように。

この句も読まれています。

均等に 簾(すだれ)を落とし 春の昼 二階から簾を下に落として設置する。 隣から見えるから。 真ん中を止めて、左右に。 何回もやり直す。 なんで斜めになるのか。...
虫の声 夢の続きの 入り(はいり)道 夜中に目が覚める。 いっぱいの秋の虫の合唱で、ふたたびまどろむ。
じたばたと 今年も終わるか 秋時雨... 全くもう、今年もじたばたと動き回って、結局ここにいるのかと思ってしまうような一年でした。落ち着いて、流れに任せていたほうが、うまくいくことも多いと、人に言われ、自分もそう思っていたのに、結局年の初めからおたおたし、今もなんとなく落ち着かない。結局性分なんでしょうか。誠実に誠実に頑張ってるつもりなのに...
曳 舟 の 糸 引 く ご と し 秋 関 門 関門海峡。 あれだけ広いのに、大きな船が通るので、操舵はむずかしいとか。 故障なのか、小さな船がさらに小さな船を引っ張って行く。 空は青く、海も碧。 波は静か。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください