屈辱の 染入る夜なり 秋の雨

男女の間に生じた屈辱感は、重い。
好きだっただけに、許せないものがある。
好きとかきらいとかを通り越した、人として許せない感情が芽生える。
そうなったほうが楽である。
恋い慕うより、憎むほうが楽である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください