少年メリケンサック

久しぶりです。
たぶん「カグタバ」以来の
おもしろくない映画です。
若いころ、パンクロックでならした仲間が
人生の紆余曲折を経て、それぞれの道を歩いていたのが、
宮崎あおい扮する、プロデユース会社の契約社員の目にとまり、
苦難の末、成功するって話だったと思います。
佐藤浩市が、「マジックアワー」では太めだったけど、
ジムかなんかで鍛えて見栄え良くなっていたと思います。
見所はそれだけだと思います。
途中で帰りたいと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください