小 豆 炊 く 厨 は 未 だ 白 熱 灯

あずきたく くりやはいまだ はくねつとう

最近のアズキは直ぐ火にかけろと書いてあります。

少し前までは、一晩水に漬けてとあったのですが、品種改良が進んだのか、お手軽になりました?

それでもイヤというほどトロトロに煮てからでないと、砂糖を入れた瞬間、アズキは煮えなくなります。

硬ければ硬いまま。

どれだけ時間をかけても、もう柔らかくなることはありません。

弱火でじっくり火にかけたアズキのせいで、家じゅうアズキの匂いでいっぱいです。

あしたはぜんざいになることがわかっているから、これは幸せの匂いです。

掃除しようとカバーを外した蛍光灯は、外し方がまちがって割れてしまったものですから、今のところ一本の白熱電球でまかなっています。

そろそろどうにかしようと思ってはいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください