小正月 ぜんざいの杓(しゃく) 重くなり

あまりの寒さに、ぜんざいを作った。はじめさらさらだった小豆がだんだんとろとろになってくる。もう十分にいいだろうと思えるところまで煮詰まったら、砂糖を入れる。慌てると固くなる。砂糖を入れてしまうと、それ以上やわらかくはならないから。白玉だんごもいいけど、今の季節は餅がおいしい、それに簡単だし。餅を入れれば、さらにとろとろになる。鍋をかき回すしゃもじが、だんだん重くなり、出来上がりが近いことを襲える。家の中でも吐く息が白い。断熱がよくないんだろう。どんぶりにあっつあっつの餅いりぜんざいをよそい、ふーふーしながら食べると、心まであったまる気がする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください