小春日に 一点の影なし 四畳半

もう12月だというのに、秋晴れのような空、暖かい日差し。狭い四畳半には光が溢れ、真冬だというのに、日焼けしそう。干せるだけの布団を干して、お日様の臭いのなかで寝るとしよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください